一定期間更新がないため広告を表示しています

定時後、会社ロッカーからmixi等の確認をしてたら、同病で、同病院に通院してるマイミクさんが悲しいコトをつぶやいてた。



その時は、まだ状況を把握してなくて、「私も知ってる人かなぁ…」くらいだったんだけど、帰宅したら、母が『馬場先生が亡くなったらしい…』って言ったので、マイミクさんのつぶやきと合点し、ビックリしたのでした。

詳しい詳細は判らないのですが、21日、いつも通りに出勤されてる最中に、倒れられ大動脈解離(だったかな?)によって他界されたとのこと…。

先生は国循にいて、その後、定年まで倉中で働き、さらにその後、大阪のどこかの施設で働いてらっしゃいました。
どこかの施設は、「大阪発達総合療育センター」ですが、しばらく観てなくて、記憶も曖昧だったのですが、他界されたと聴いて、改めて検索し覗いてみると、笑顔の先生が載ってます。

私も、国循で幾度かのOP(手術)を受けていますが、先生がいらっしゃった期間は、まだ両親も国循の存在すら知らなかった時なので、倉中での先生しか存じませんが、ホントに優しくて温厚な先生でした。

で、葬儀が今日だったみたいなので、弔電も打つことが出来ませんでしたが、遅ればせながら、自宅からご冥福をお祈りしました。

いずれまた、倉敷に帰ってくる!っておっしゃっていたのに、本当に残念でなりませんが、先生のご冥福をお祈りいたします。
                 ー 合掌 ー
関連する記事
コメント
コメントする